痛風結節とは?

痛風が慢性化すると痛風結節ができやすくなると言われています。
痛風結節とはどのようなものでどんな症状なのかご紹介しましょう。

痛風結節とは


痛風結節は、尿酸値が高い状態が続くことにより結晶が皮膚の下にできますがその結晶が固まったものの事を言います。
こぶのような状態で大きさは人ぞれぞれです。

米粒位小さな痛風結節もあればリンゴ位の大きさまで大きくなる痛風結節も見られるでしょう。
痛風結節が出る場所は、関節部分な度が多いのですが、ひじやひざの他にアキレス腱や耳たぶにもできやすいです。
痛風発作の際は腫れている患部を触ると激痛が走りますが痛風結節事態に痛みはありません。
触っても痛くない為放置される方もいらっしゃいますがどんどん大きくなっていきます。
痛風結節も痛みが無いからと油断していると関節の変形や脱臼が起こることもあるので注意が必要です。
また、大きさによっては皮膚が避けて尿酸が出てくることもあります。

痛風結節の改善

このように痛風結節ができてしまうような状態は痛風がかなり進んでいることを表しています。
手術で取り除くという事も痛風結節の場合難しいことが多いので痛風の薬で治していく治療が行われるのです。

まずは、水分などを多くとり尿酸値を抑制したり尿酸値を下げる薬を処方されるでしょう。
尿酸値が通常ぐらいの値になって来れば体の中の痛風結節が溶けて少しずつ小さくなっていきます。

痛風結節を治すには、尿酸値が高い状態を改善していくことが重要です。
特に一度痛風を起こしてしばらくたっている人に痛風結節ができる人が多いと言われています。
どうしてかというと、痛風の原因は食事や生活習慣、体質が原因になっているので急に生活を変えられません。

その為、痛風が治ったと思い込んでいたら痛風結節ができるという事もあるのです。
痛風になって数年後、中には10年以上たってから痛風結節ができたという人もいます。
特に毎年のように健康診断を受けないような人は気を付けて下さい。
痛くなくても痛風結節ができるようなら痛風が再発する可能性も高くなります。

 

普段から気を付けましょう

痛風結節は痛風発作のような痛みが無い分放置されやすく関節などに問題が起こってから慌てることも多いでしょう。
そうならない為には、やはり日頃から尿酸値を気にしておく必要があるのです。

具合が悪くなくても一度痛風を起こしているようならば数ヶ月に一度位病院で尿検査などをされた方が良いと思います。
尿酸値がちょっと高くて痛風結節が見られるような場合でも尿酸の薬などですぐに改善することが可能です。
痛風結節を防ぐということは腎臓などの臓器へのダメージも防ぎます。
健康の為にも痛風結節にならないような生活を送ることが重要です。
まずは、こぶのようなものができたら痛風になったことがある場合痛風結節を疑ってください。

痛風結節は思いがけない時にできたりします。
痛くないからと思っていると大変なことになることもあるのです。
痛風の痛さをすっかり忘れたころに痛風結節ができるという人もいますので気をつけましょう。