痛風は中年の男性がなるようなイメージが強いですが女性もなるのでしょうか?
今、増えているという女性の痛風に付いてご紹介しましょう。

女性には珍しい病気


ある調査によると痛風の患者さんの割合は98.5%が男性で1.5%が女性でした。
つまり、女性で痛風になるという人は珍しい位なんです。
しかし、痛風にならないわけではありません。

その上、近年では若い女性の痛風患者が増えていて尿酸値が高い人も健康診断で多くなっているのです。
女性で痛風になる人の多くが20代から30代というデータがあります。

20代から30代の女性は晩婚化の為、結婚せず働いている人が多いでしょう。
独身の若い女性の中には仕事のストレスなどから尿酸値が上がる傾向が高いのです。
その上、アルコール(ビール)を大量に飲む事で尿酸値が右肩上がりになっていきます。
気がついた時には痛風になっているというケースがあるのです。

女性が痛風を自覚するのは男性と同じく健康診断などで尿酸値が高い場合と痛風発作を起こしてしまった場合です。

健康診断で要注意と言われたら

健康診断で尿酸値が7.0を越えていると高尿酸血症といわれて要注意を受けるでしょう。
いつ痛風発作を起こしてもおかしくない状態になっています。
もしも、健康診断などで高尿酸血症だという事が判った場合、女性なら高い確率で痛風発作を起こさないような対策を取るでしょう。
ただし、急激に尿酸値が上がるような飲酒を繰り返していると痛風発作を起こしてから気がつくこともあるのです。

発症したら

激しい痛みと足などの患部の腫れで3日程は眠れないほどの痛みとなることが多いでしょう。
痛風発作が起こると靴も履けず歩くこともままならないので仕事ができる状態では無くなります。

夜中や朝方に痛みに耐えきれず救急病院などに行かれる女性もいらっしゃるのです。
女性の場合もまず男性と同じように非ステロイド抗炎症剤などで痛みを取り尿酸値を下げるお薬や排尿のお薬を処方されることが多いです。
とにかく痛風発作になってしまったら仕事はおろか普通の生活にも影響するので予防対策を取る必要があるのです。

女性は男性に比べ自分の体などに変化があると気が付きやすいです。
足の変形や痛みなど我慢してしまう事もありますが高尿酸血症ならばきちんと痛風治療を行う事が多いです。
食事やアルコールの摂取など改善することでかなり尿酸値をコントロールすることができます。

ですが、きちんと痛風の薬は飲みつつ尿酸値を上げないよう心掛けることが大切でしょう。
どうしても痛風の場合、繰り返してしまう事が多いので特に若い女性は将来の事も考え気をつけなければなりません。

他の病気になることも

痛風は放置しておくと足が痛いというだけではなく内臓にも影響が出ます。
糖尿病や高血圧症など大きな病気になってしまうリスクも上がります。
さらに腎臓にも尿酸値が高いとダメージとなるので最悪腎臓関係の病気になるかもしれないのです。

痛風は男性のおじさんがなると思っているならば間違いです。
女性でもアルコールが好きだったり、ストレスがあるとか尿酸値が高い場合はいつ起こるかわからないと思っても良いでしょう。

痛風には痛風発作というのがあります。
痛風発作はどのような時に起きてどういう風な症状なんでしょうか?
痛風発作は突然起こるとよく言われますが、実は前兆が起こっている事が多いです。

夜寝る前に足がちょっとピリピリしたり、歩いた時に違和感を感じることもあるでしょう。
痛風発作の前兆は大したことがないのでそれ位で病院に行ったりする人が少ない位です。
そのうち、痛風発作が起こり激痛となります。

痛風発作になってしまうと普通にしているのも困難で痛みで仕事どころか歩くこともできないような状態も多いです。
足が腫れていて激痛が走る場合、多くは痛風と考えられるでしょう。

痛風発作


飲んだ後などに痛風発作は起きやすくなりますので、夜中や朝方痛みに耐えられず救急病院に行かれる方も多いのです。

痛風発作は夜中や朝方に起こる事が多いのですがどうしてでしょうか?
夜中や朝方多いのは、人は寝ている間に血圧と体温が下がってしまうからなんです。

尿酸値が高い状態で血圧と体温が下がると結晶ができやすくなります。
結晶ができると痛風発作が起こります。
痛みが起こって2時間から3時間位経つと足の関節などが腫れて熱を持ちます。

対処法

痛風発作が起きた時は、まず対処法として患部を冷やすことが大切です。
炎症を起こし熱が出ていますので保冷材や氷水などで冷やすことが大事でしょう。
ほとんど足ですので寝た状態で足を高くして心臓より高くし冷やして下さい。

痛いのでマッサージする人がいますが炎症がひどくなるので触らないようにしましょう。
また、痛いからと言ってアルコールを飲む人がいますが絶対に止めて下さい。
特にビールは痛風の症状を更に悪化させるので発作が起こっている時飲んではいけないのです。

痛風発作ではそのまま1日は激痛が続くのです。
ほとんどの場合、我慢できない程の痛みなので病院に行かれることが多いでしょう。
痛風発作の場合、病院は内科という人が多く、痛風専門外来があるならそちらに行って下さい。
病院に行くとまずはこの痛風の痛みを抑えるため非ステロイド抗炎症剤などが処方されるでしょう。

入院することも

痛風発作で初めて痛風だと気が疲れる方も多いのですが尿酸値が高い場合はそのまま入院になることもあります。
痛風発作が起こると最低3日位はかなり激しい痛みになることが多いです。

痛み止めや尿酸値を下げる薬を投与されながら痛みが治まるような治療を受けることになります。
軽い場合は、痛みどめなどを処方されて家に帰されることもあるかもしれません。

治療することで10日程経つとウソのように痛風の痛みが無くなる人もいます。
完全に痛みが無くなるので治ったと思う人もいますがまた尿酸値が上がれば何度も痛風発作を繰り返えすのです。

痛風発作を体験した人の中には人生の中で一番痛かったという人もいます。
その割には何度も痛風発作を起こしてしまう人もいるのです。
痛風にまだなっていない人も一度は発作を起こした人も2度とならないよう気をつけた方が良いでしょう。

痛風はその名に痛いという字が入るようにとにかく激痛が襲います。
まだ痛風になったことが無い人はどんな痛みなのか判りませんが特徴をご紹介しましょう。

痛風の痛み


痛風になると風が吹いただけで痛いという位ちょっとの刺激で敏感になると言われています。
人によって徐々に痛風の痛みが出る場合といきなり痛風発作と呼ばれるような症状が起こるのです。

前者の場合、健康診断などで尿酸値が高い事が指摘され、そういえば足の関節が痛いと思い当たる位の事もあります。
後者の場合、ある朝突然寝ていると足をハンマーで思いきり殴られたような激痛が走る痛みに襲われます。

今まで経験したことが無い位の痛みと表現する人もいますが、中には骨折したと言って病院に行く人もいる位です。
できれば、ちょっとした体の変化などを見逃さず早めに痛風治療などを行えば痛みも予防することが可能でしょう。
しかし、なかなか強い痛みが無いと痛風時が付かないケースも多いのです。

痛みの特徴

 

そんな激痛の痛風にも痛みの特徴があるのでポイントを抑えておくと見つけやすいでしょう。
まず、痛風では足の親指の付け根の関節が痛くなる事が多いです。
最初のうちはムズムズするとか、立ちあがった時にちょっと痛い位なので単に足が痛い位ににしか思いません。
しかし、中には結構長い時間足に違和感を感じる人も多いのです。

これが、痛風発作の前兆になることがかなりあるでしょう。
足の関節に違和感があるくらい見つかれば痛風の治療も軽くで済みますので何か痛い時は早めに対処した方が良いでしょう。

他にも足の親指の付け根あたりが変形した靴が履けなくなったり、履こうとしたら痛みが起こることがあります。
どこかにぶつけたなど足が痛い理由に思い当たるような事が無い場合、痛風かもしれません。
シルバー世代の方は老化と勘違いしたり我慢したりすることが多いので悪化しやすい傾向があります。

継続期間

軽い痛風の痛みの場合3日程で痛みが引く場合もありますがそうでない場合は10日以上足が痛いという状態になるでしょう。
痛風の初期症状ではハッキリしない関節のチクチクした痛みや関節の痛みを感じる位です。
ちょっと歩いたり運動したりすると誰でも足や筋肉が痛くなりますが痛風の初期症状もその程度になります。

ただし、痛風を発症するのは男性が98%、肥満の人、アルコールを大量に飲む、激しい運動を行う人は要注意です。
以前は40代以降の人が多かったですが、今は20代でも痛風を発症している男性が増えています。

若いから痛風にならないと思っていると大きな間違いなので気をつけなければなりません。
ちょっと足に違和感があるから始まり気がついた時にはかなり痛風が進行していたという事もあるでしょう。
痛みを我慢するような性格の方は悪化させることが多いので特に気を付けて下さい。

痛風の痛さは体験した人しか判りませんが1度経験した人は2度と味わいたくない痛みでしょう。
まだ痛風で無い方も痛風の予防法を実践して生涯痛風発作が起こらないよう気をつけた方が良いのです。