痛風にまだなったことが無い方でもすでに痛風を経験している方でも予防は重要です。

特に尿酸値が高い方は注意が必要ですがどのような予防法が存在できるのでしょうか?
痛風は、尿の中の尿酸値が高い事によって起こる病気になります。

尿酸値を低く保つ

つまり、尿酸値が低い状態ならば尿酸が結晶化しないので痛風になる事はありません。
でも、健康診断で尿酸値が高かった人とか一度痛風になった人はいつ痛風を起こすのか不安でたまらないでしょう。
そんな人こそ予防法を実践した方が良いのですがまずは自分の生活から振り返ってみてください。
痛風には必ず尿酸値が高くなる原因があります。
例えば、アルコール(ビール)を良く飲むとか肥満気味とか、運動不足とか水分をあまりとらない人もいるでしょう。
このような方は痛風リスクが非常に高いと言って良いのです。

食生活の改善

まず、アルコール(ビール)を良く飲む人は医師からも言われるでしょうが控えた方が良いでしょう。
ビールにはプリン体が多く飲むとすぐに尿酸になってしまいます。

よく、痛風発作が起こるタイミングが飲んだ日の翌日の朝という場合ビールが原因の事もあるのです。
ビールを飲むならばプリン体ゼロの物を選ぶと良いでしょう。

食事の中にもプリン体が多い物があるのでそれらを避けると良いです。
レバー類や肉、魚、肝、白子、エビなど美味しいおつまみになりそうなものにプリン体が多く含まれるものになります。
肉や魚もできるだけプリン体が多い内臓類は避け、ささみなどの部分を食べると良いでしょう。
これらの物をできるだけ避け、野菜や海藻類、大豆や大豆製品などをできるだけ食べると痛風予防になるのです。
また、ヨーグルトや牛乳など乳製品を食べると尿酸値の上昇を抑制すると言われていますので積極的に摂って下さい。
例えばわかめスープや海藻サラダ、ひじき炒め、豆腐などは痛風の方に良い食事になります。

運動をしましょう

痛風予防で重要なのが尿酸値を下げるという事ですが血流が悪いとどうしても尿酸値が上がります。
肥満の方は尿酸値が上がり気味になりますので体重を落とす努力をして下さい。

できれば適度な運動を行うと血流も良くなり尿酸が結晶化しにくくなります。
1日30分以上の運動を1回でも良いので毎日行うと痛風予防になるでしょう。

こまめに水分補給

また、尿酸値が上がる原因には水分不足もよくあることです。

水分が体内で少ないと尿酸値が高い状態になりますので水分を取りましょう。
この時、注意しなければならないのがコーヒーや緑茶などで水分は取らないようにすることです。

コーヒーや緑茶は確かに水分ですがカフェインが入っているのであまりよくありません。
カフェインは利尿作用が大きいのでかえって体内の水分不足になることがあります。
水やウーロン茶などカフェインが入っていないものを1日2リットル位飲んで下さい。

食事や運動、水分などでかなり痛風を予防することができます。
薬だと副作用が心配という方はできるだけ普段の生活で痛風予防を心掛けましょう。

痛風になるとあまりの痛みに病院に行きそのまま痛風の治療という事になることが多いでしょう。

色々な痛風の薬を処方されることがありますがどのような薬があるのかご紹介します。

痛みを取る薬


痛風は人によって激しい痛みが起こる前に尿酸値が高いことで気がつく場合もあるでしょう。
健康診断などで尿酸値が高い事に気が付き痛風の治療を行う事もありますが軽ければ薬ではなく食事療法で良くなるケースもあります。

ですが、多くの場合は痛風発作を起こしてから痛風に気がつくという事が多いです。
その為、まずはこの痛風の痛みを取る薬を最初に処方されることが多いでしょう。

ロキソニンやボルタレンという消炎鎮痛薬(非ステロイド抗炎症剤)で痛みを和らげる治療を行います。

ある程度、このような薬で痛みや腫れが治まった後、本格的な痛風の治療薬が使われることになるのです。

発作を抑制する薬

痛風発作時には、痛風の発作を抑制するコルヒチンという成分が入った薬が使われることもあるでしょう。
他にも発作時には、ナプロキセンやプラノプロフェンという成分の薬が用いられることもあります。
とにかく、痛風の痛みや発作は患者さんの苦痛や負担になるためすぐに服用させる病院もあるのです。

尿酸値に作用する薬

痛風の痛みが落ち着いてきてから尿酸値を抑制したりする薬が処方されます。

痛風は尿の中の尿酸値が高い状態になることで起こる病気ですが、尿酸値のコントロールができるかどうかが治療のポイントになります。
医師によって使う薬は様々ですが、尿酸生成抑制薬を使う事も多いです。
アロプリノールやフェブキソスタット、トピロキソスタットなどの成分が入っている薬が使われることもあるでしょう。
これらの薬は尿酸を抑制し、痛風の症状が起こりにくくするお薬になります。

尿酸降下薬というのも痛風の治療では多く用いられる事があるでしょう。
フェブリクやザイロリックというお薬になりますが、これは尿酸値を下げる薬で一定時間尿酸値が上がる事を防いでくれます。

 

尿の酸性化を改善する薬

酸性尿改善薬というのもあります。
尿が酸性になる事を改善してくれるお薬ですが、成分にはクエン酸カリウム、クエン酸ナトリウムなどが含まれているのです。

尿酸値が改善すれば痛風だけではなく腎臓障害の予防にもなります。
その為、きちんと尿酸値が下がった状態をキープしなければなりません。

副作用の可能性

このような痛風で使用するお薬には大なり小なり副作用が出ることがあります。

医師が患者さんの様子を見て処方してくれますのでまずそんなに心配する事ではありませんがメリットやデメリットがあることも覚えておきましょう。

もしも、痛風の薬を飲み始めてから体調に変化などがあった場合はきちんと医師に相談した方が良いでしょう。

お薬によっては様々な症状が出るものがありますのでどのような副作用があるのか知っておいた方が良いです。
特に尿酸値をコントロールするお薬では注意して下さい。

痛風の治療はきちんと尿酸値をコントロールすることが基本です。
お薬を飲む事も大事ですが食事制限などお薬だけではなく生活全般も見直さないと効果が表れにくくなります。