痛風の原因

中高年の男性の中には痛風の恐ろしさを聞いたことがある人もいるでしょう。
激痛で知られる痛風ですが原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

痛風という病

痛風は、尿の尿酸値が様々な原因で上がる事により起こる病気です。
健康に問題が無い人でも尿酸値は一定量ありますが高い数値の場合、高尿酸値ということになります。

尿を調べるとすぐにわかりますが、通常、尿酸値が7以上の場合高尿酸値となり治療が必要になるのです。

痛風の発作が出ているような場合、尿酸値が9以上になっているという事もあるでしょう。
痛風発作が無くても病院に行く機会があったら心配な場合調べてもらっておいた方が良いのです。

尿酸値が高い人の中には、まだ、痛風発作が起こっていないからとあまり気にしない人もいます。
しかし、起こってからは大変ですので起こるような原因を予防することが重要になるのです。

 

痛風の原因

痛風の原因である尿酸値上昇には、遺伝、食生活や生活習慣、ストレスなどが関係していると言われています。
以前は、痛風というと中年男性がなる病気だと思われていましたが最近では若い男性も痛風になることがあるでしょう。

特に痛風の原因としてよくあげられるのがアルコール(特にビール)の飲み過ぎです。
ビールには、プリン体というものがたくさん含まれていて、飲むとすぐに尿酸に変わります。
ビールを毎日のように多く飲む人は痛風になりやすいと言われているのです。

また、ビールを飲むときにおつまみとして焼き鳥やレバー、魚の干物などプリン体が多い物を好んで食べると更に尿酸値が上がります。

痛風の方には、お肉や魚が好きな人が多いと言われますが、それが贅沢病と言われる所以なんです。
おいしいものにはプリン体が多いものが結構あるので、どの食材にどれくらいのプリン体が含まれているのか知っておいた方が良いでしょう。

痛風発作が起こった人の話を聞くと、飲んだ日の翌日とかがかなり多いです。
ビールやつまみを食べている時ではなく、しばらくしてから尿酸値が上がって発作が出てきます。

 

水分摂取が重要

食生活だけではなく夜中や朝方までお酒を飲んだり、ストレスを常日頃から感じる人は尿酸値が上がると言われています。

不規則な生活は食事の時間もそうですし、普段から夜中まで起きているとか、運動不足も入るのです。

これらのことで体の中の血流が悪くなり代謝がどんどん悪くなっていきます。
これに水分をあまり飲まないようならば尿酸はどんどん上がっていくのです。
尿酸が高くなり痛風の症状が出てくるようになるでしょう。
ストレスも血流を悪くすることが判っています。

ストレスを溜めこみ血流が悪くなると尿酸値も高くなるだけではなく頭痛や不眠症など様々な体調不良を起こします。
この体調不良がさらに尿酸値を上げてしまいます。

他にもタバコを吸う人は吸わない人に比べて尿酸値が上がりやすいと言われています。

普段の生活で痛風の原因になるようなことがいくつかあるならば早めに対処しておかなければなりません。

原因を取り除くことで痛風になる確率も下がりますので痛風の原因になるようなことは避けるようにして下さい。