痛風は凄まじい発作のような痛みから起こることもありますが治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、何科の病院に行ってどんな治療を行って行くのかご紹介しましょう。

お酒を飲んだ日の翌朝激痛で目が覚めるという人も痛風の方には多いようで、あまりの痛さにどこか骨折したのではないかと思うそうです。

痛風は内科


でも、骨折などに思い当たる原因がないならば痛風だと考えた方が良いでしょう。
このような痛みがあって足が腫れているような場合、ほぼ痛風と考えていいですが足が痛いからと整形外科に行くのではなく内科です。

痛風は内科の病院で尿検査などを受ければすぐに判りますので調べてもらって下さい。
内科で尿酸を調べて高いようならば痛風と診断されるでしょう。
痛風と診断されたら次の様な治療を行っていきますので医師の指示に従ってきちんと治療をして下さい。

 

痛風の処置

まず、何より患者さんが一番困っている痛風の激痛をやわらげる処置をされます。
症状によっては痛みどめなどで痛みだけを和らげる治療をしますが、痛風の腫れや痛みどちらもひどい場合は非ステロイドの抗炎症剤などを使います。

とりあえず、痛風の痛みの元である炎症を抑えるのです。
非ステロイド抗炎症剤を使うと早い段階で痛みが減ってきますのでそれから本格的な治療を行っていくでしょう。
痛風の治療では、原因である尿酸値を下げる薬を服用しますが、尿酸値を下げるために尿が出やすくなる薬を飲んだりもします。

どちらかが出る場合もありますし、どちらも処方され尿酸値を下げながら尿を出やすくすることもあるのです。
薬物療法としてはこの2つの治療法を用いることが多くあります。

特に血液検査などで腎臓の機能が低下している場合は、尿の薬が出ることが多いようです。
尿酸値が7以上だと高尿酸値ですから、また痛風の発作が起こらない為にも尿酸値を薬でコントロールすることが重要でしょう。

食事療法

 

痛風では、薬物による治療の他に食事療法などを行う事が多いです。
痛風になる患者さんの90%以上が男性だと言われていますが、原因の一端が暴飲暴食であることが多いでしょう。
とにかく尿酸値を抑えることが痛風では最も重要ですから食事療法は立派な治療の一環と考えてよいのです。
特にアルコール(ビール)が好きで大量に飲まれる方は痛風の場合禁酒になります。

ビールにはプリン体が多く含まれていてプリン体は摂取するとすぐに尿酸になってしまうのです。
また、アルコールだけではなくプリン体が多く含まれる食べものも控えるように言われます。
鶏や牛、豚のレバー、魚卵、魚の干物やアンコウの肝、白子、エビなどはプリン体が多いので痛風の場合食べない方が良いでしょう。

お酒のつまみになりそうなものばかりプリン体が多いので慣れるまでは苦痛ですが痛い思いをするなら我慢する人も多いのです。
食事療法の他にも患者さんの症状によっては治療としてストレス緩和の精神療法が行われることもあります。

 

痛風の治療で重要な事は医師が処方した薬をきちんと飲んで食事療法などを順守することです。
守らなければ痛風発作が出る確率が上がるだけなので自分の為に治療をしっかり行って下さい。

中高年の男性の中には痛風の恐ろしさを聞いたことがある人もいるでしょう。
激痛で知られる痛風ですが原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

痛風という病

痛風は、尿の尿酸値が様々な原因で上がる事により起こる病気です。
健康に問題が無い人でも尿酸値は一定量ありますが高い数値の場合、高尿酸値ということになります。

尿を調べるとすぐにわかりますが、通常、尿酸値が7以上の場合高尿酸値となり治療が必要になるのです。

痛風の発作が出ているような場合、尿酸値が9以上になっているという事もあるでしょう。
痛風発作が無くても病院に行く機会があったら心配な場合調べてもらっておいた方が良いのです。

尿酸値が高い人の中には、まだ、痛風発作が起こっていないからとあまり気にしない人もいます。
しかし、起こってからは大変ですので起こるような原因を予防することが重要になるのです。

 

痛風の原因

痛風の原因である尿酸値上昇には、遺伝、食生活や生活習慣、ストレスなどが関係していると言われています。
以前は、痛風というと中年男性がなる病気だと思われていましたが最近では若い男性も痛風になることがあるでしょう。

特に痛風の原因としてよくあげられるのがアルコール(特にビール)の飲み過ぎです。
ビールには、プリン体というものがたくさん含まれていて、飲むとすぐに尿酸に変わります。
ビールを毎日のように多く飲む人は痛風になりやすいと言われているのです。

また、ビールを飲むときにおつまみとして焼き鳥やレバー、魚の干物などプリン体が多い物を好んで食べると更に尿酸値が上がります。

痛風の方には、お肉や魚が好きな人が多いと言われますが、それが贅沢病と言われる所以なんです。
おいしいものにはプリン体が多いものが結構あるので、どの食材にどれくらいのプリン体が含まれているのか知っておいた方が良いでしょう。

痛風発作が起こった人の話を聞くと、飲んだ日の翌日とかがかなり多いです。
ビールやつまみを食べている時ではなく、しばらくしてから尿酸値が上がって発作が出てきます。

 

水分摂取が重要

食生活だけではなく夜中や朝方までお酒を飲んだり、ストレスを常日頃から感じる人は尿酸値が上がると言われています。

不規則な生活は食事の時間もそうですし、普段から夜中まで起きているとか、運動不足も入るのです。

これらのことで体の中の血流が悪くなり代謝がどんどん悪くなっていきます。
これに水分をあまり飲まないようならば尿酸はどんどん上がっていくのです。
尿酸が高くなり痛風の症状が出てくるようになるでしょう。
ストレスも血流を悪くすることが判っています。

ストレスを溜めこみ血流が悪くなると尿酸値も高くなるだけではなく頭痛や不眠症など様々な体調不良を起こします。
この体調不良がさらに尿酸値を上げてしまいます。

他にもタバコを吸う人は吸わない人に比べて尿酸値が上がりやすいと言われています。

普段の生活で痛風の原因になるようなことがいくつかあるならば早めに対処しておかなければなりません。

原因を取り除くことで痛風になる確率も下がりますので痛風の原因になるようなことは避けるようにして下さい。

痛風は尿酸が高いと何度も再発を繰り返す病気なので食事が重要になってきます。
痛風の人が気を付けたい食事とはどのようなものでしょうか?

まだ、痛風になったことが無い方は判らないかもしれませんが痛風は激痛を伴います。
その為、二度とあのような痛みが起こらないように食事に気を付けるという人も多いのです。
痛風の治療を続けながら食事の改善を行っていくことが痛風の再発を防ぐことになるでしょう。

基本は水分補給

まず、気を付けたい事は、水分を1日2リットル以上飲むという事です。
痛風の方の中にはビールを飲めば水分補給になるとおっしゃる方もいますがアルコールはいけません。
特にビールは、プリン体が多くすぐに尿酸に変わるという性質があります。

その為、痛風では水はどんどん飲んでくださいと言われますがアルコール(特にビール)は禁止です。
痛風を悪化させますので飲まないで下さい。

痛風になってしまうととにかく尿酸値を上げない事が重要になってきます。
痛風の方は、1日400mg以上のプリン体を取らない方が良いと言われています。
プリン体は尿酸に変わりやすいので気をつけましょう。

治療で病院に行くと食事療法を受けることもありますがその時もプリン体が多い物を食べないよう指導されるでしょう。
プリン体が多いものには肉や魚介類が上げられます。

肉や魚は避けて!

特にレバーなどの肝臓はプリン体が極めて多く痛風の人は食べない方が良いでしょう。
鶏レバーや魚の白子、あんこうの肝、いわしの干物は特にプリン体が多い食品として有名です。
いくらや明太子、数の子などの魚卵もできたら避けた方が良いでしょう。

飲物は、ビールを飲まないようにした方が良いですが、プリン体がゼロのビールもありますのでそれだったら大丈夫です。

贅沢病と言われる痛風ですが、暴飲暴食などを繰り返してきた人に起こりやすいと言われています。
痛風の辛い症状を繰り返さない為に積極的に食べた方が良い食事もありますのでそちらをご紹介しましょう。

痛風は、尿の中の尿酸値が上がる事で起こってしまいます。
ですので、できるだけアルカリ性食品を食事で摂取した方が良いと言われているのです。

野菜と海藻を積極的に!

アルカリ性食品の代表格が海藻でしょう。
わかめやひじき、こんぶなど海藻類を積極的に食べることで酸性になってしまった尿をアルカリ性に引き戻してくれます。
野菜も尿酸値を下げる効果があるので積極的に食べましょう。
海藻と野菜を組み合わせ、海藻サラダなど痛風の人にはおすすめの食べ物になります。

野菜でもイモ類やきのこ、大豆や大豆製品である豆腐などがおすすめです。
洋食ではなく健康的な和食をできるだけ食べるようにするだけでもかなり違うと言われています。
ただし、和食でも魚介類は避けるようにした方が良いです。
積極的に海藻や野菜を食べて尿酸値を減らすよう心掛けましょう。

痛風に良い食べ物をできるだけ食べることで痛風だけではなく体全体の健康にも繋がります。
激痛を伴う痛風を何度も繰り返さない為には食事治療が重要ですので食べられないものと食べれるものを知っておきましょう。