痛風が慢性化すると痛風結節ができやすくなると言われています。
痛風結節とはどのようなものでどんな症状なのかご紹介しましょう。

痛風結節とは


痛風結節は、尿酸値が高い状態が続くことにより結晶が皮膚の下にできますがその結晶が固まったものの事を言います。
こぶのような状態で大きさは人ぞれぞれです。

米粒位小さな痛風結節もあればリンゴ位の大きさまで大きくなる痛風結節も見られるでしょう。
痛風結節が出る場所は、関節部分な度が多いのですが、ひじやひざの他にアキレス腱や耳たぶにもできやすいです。
痛風発作の際は腫れている患部を触ると激痛が走りますが痛風結節事態に痛みはありません。
触っても痛くない為放置される方もいらっしゃいますがどんどん大きくなっていきます。
痛風結節も痛みが無いからと油断していると関節の変形や脱臼が起こることもあるので注意が必要です。
また、大きさによっては皮膚が避けて尿酸が出てくることもあります。

痛風結節の改善

このように痛風結節ができてしまうような状態は痛風がかなり進んでいることを表しています。
手術で取り除くという事も痛風結節の場合難しいことが多いので痛風の薬で治していく治療が行われるのです。

まずは、水分などを多くとり尿酸値を抑制したり尿酸値を下げる薬を処方されるでしょう。
尿酸値が通常ぐらいの値になって来れば体の中の痛風結節が溶けて少しずつ小さくなっていきます。

痛風結節を治すには、尿酸値が高い状態を改善していくことが重要です。
特に一度痛風を起こしてしばらくたっている人に痛風結節ができる人が多いと言われています。
どうしてかというと、痛風の原因は食事や生活習慣、体質が原因になっているので急に生活を変えられません。

その為、痛風が治ったと思い込んでいたら痛風結節ができるという事もあるのです。
痛風になって数年後、中には10年以上たってから痛風結節ができたという人もいます。
特に毎年のように健康診断を受けないような人は気を付けて下さい。
痛くなくても痛風結節ができるようなら痛風が再発する可能性も高くなります。

 

普段から気を付けましょう

痛風結節は痛風発作のような痛みが無い分放置されやすく関節などに問題が起こってから慌てることも多いでしょう。
そうならない為には、やはり日頃から尿酸値を気にしておく必要があるのです。

具合が悪くなくても一度痛風を起こしているようならば数ヶ月に一度位病院で尿検査などをされた方が良いと思います。
尿酸値がちょっと高くて痛風結節が見られるような場合でも尿酸の薬などですぐに改善することが可能です。
痛風結節を防ぐということは腎臓などの臓器へのダメージも防ぎます。
健康の為にも痛風結節にならないような生活を送ることが重要です。
まずは、こぶのようなものができたら痛風になったことがある場合痛風結節を疑ってください。

痛風結節は思いがけない時にできたりします。
痛くないからと思っていると大変なことになることもあるのです。
痛風の痛さをすっかり忘れたころに痛風結節ができるという人もいますので気をつけましょう。

痛風には前兆があり、前もって判りますがどんな症状があるのでしょうか?
痛風の前兆の症状とその後の対処法などをご紹介しましょう。

痛風は尿酸値が高い事で気がついたり痛風発作が起こることでようやく気がつくという事も多いです。
なぜなら、痛風は初期症状がほとんどないからです。

ある日突然発作がおきる


知らず知らずのうちに尿酸値が上がっていて健康診断などで見つからない場合、発作で気がつくという事もあるでしょう。
ある日突然、激しい足の関節の痛みなどに襲われて病院に行き痛風と診断されるケースがほとんどです。
でも、痛風の前兆が無い訳ではありません。
ただ、痛風になったことが無い人はそれが痛風の前兆だと気がつきにくいのです。

痛風の前兆

関節炎などと似たような症状が前兆では起こるので大したことが無いと思う人も結構います。
自己判断で放置して悪化するケースも多いので油断は大敵です。

具体的に痛風の前兆としては、

  • 足の関節周辺がムズムズする
  • 関節の所がピリピリする
  • 立ち上がった時にズキッとする

などがあります。
他にも、関節周辺のしびれやこわばりがあったり、さわるとほてりがある場合も痛風の前兆と言えるのです。
これらの痛風の前兆はまだ痛風発作などを起こしてない人には判りづらいでしょう。

一度経験すると分かる

一度痛風発作を起こした人は、同じ場所に違和感が出てくるので痛風の前兆だと判るのです。
痛風発作は70%位が足の親指のつけ根の辺りで起こるのでこの辺りに痛みやしびれがあるなら痛風を疑った方が良いでしょう。
痛風発作を起こしてしまうと3日程動けなくなる人もいますし、激痛で歩く事もできません。

結局、自分だけではなく周りにも迷惑をかけてしまう事になりかねませんので痛風の可能性があるならすぐに対処した方が良いでしょう。
できれば前兆のようなものを感じた時点で病院などに行った方が良いのです。
もし、痛風の前兆じゃなかったとしても何らかの原因があるはずですから調べておいた方が安心でしょう。

痛風の前兆対処法

では、痛風の前兆が起こった場合どのような対処を取ればいいのでしょうか?
普段からビールなどをたくさん飲んだりプリン体が多い食べ物を好むような人は痛風を疑ってください。
足の関節部分が腫れているようなら高い確率で痛風でしょう。
すぐに病院に行って治療した方が良い場合もあります。

すでに一度は痛風発作を起こしてしまっている人は、尿酸値が上がって痛風発作の前兆が見られているのかもしれません。
病院から痛風発作の薬や尿酸値を抑制する薬を処方されているならば薬を飲んで様子を見て下さい。
何度も痛風発作を繰り返している人は、前兆が判るようになるそうです。

このような痛風発作のエキスパートになる前に痛風にならないような対処をした方が良いのです。
できるだけ、尿酸値が上がらないような食事や行動を取って早めに対処するようにして下さい。

痛風の前兆はなかなか判りづらいですが普段から気をつけておけば気がつくこともあるでしょう。
痛みより先に足の関節の変形など見られた場合もきちんと対応すれば発作を起こさなくて済むこともあります。

痛風は中年の男性がなるようなイメージが強いですが女性もなるのでしょうか?
今、増えているという女性の痛風に付いてご紹介しましょう。

女性には珍しい病気


ある調査によると痛風の患者さんの割合は98.5%が男性で1.5%が女性でした。
つまり、女性で痛風になるという人は珍しい位なんです。
しかし、痛風にならないわけではありません。

その上、近年では若い女性の痛風患者が増えていて尿酸値が高い人も健康診断で多くなっているのです。
女性で痛風になる人の多くが20代から30代というデータがあります。

20代から30代の女性は晩婚化の為、結婚せず働いている人が多いでしょう。
独身の若い女性の中には仕事のストレスなどから尿酸値が上がる傾向が高いのです。
その上、アルコール(ビール)を大量に飲む事で尿酸値が右肩上がりになっていきます。
気がついた時には痛風になっているというケースがあるのです。

女性が痛風を自覚するのは男性と同じく健康診断などで尿酸値が高い場合と痛風発作を起こしてしまった場合です。

健康診断で要注意と言われたら

健康診断で尿酸値が7.0を越えていると高尿酸血症といわれて要注意を受けるでしょう。
いつ痛風発作を起こしてもおかしくない状態になっています。
もしも、健康診断などで高尿酸血症だという事が判った場合、女性なら高い確率で痛風発作を起こさないような対策を取るでしょう。
ただし、急激に尿酸値が上がるような飲酒を繰り返していると痛風発作を起こしてから気がつくこともあるのです。

発症したら

激しい痛みと足などの患部の腫れで3日程は眠れないほどの痛みとなることが多いでしょう。
痛風発作が起こると靴も履けず歩くこともままならないので仕事ができる状態では無くなります。

夜中や朝方に痛みに耐えきれず救急病院などに行かれる女性もいらっしゃるのです。
女性の場合もまず男性と同じように非ステロイド抗炎症剤などで痛みを取り尿酸値を下げるお薬や排尿のお薬を処方されることが多いです。
とにかく痛風発作になってしまったら仕事はおろか普通の生活にも影響するので予防対策を取る必要があるのです。

女性は男性に比べ自分の体などに変化があると気が付きやすいです。
足の変形や痛みなど我慢してしまう事もありますが高尿酸血症ならばきちんと痛風治療を行う事が多いです。
食事やアルコールの摂取など改善することでかなり尿酸値をコントロールすることができます。

ですが、きちんと痛風の薬は飲みつつ尿酸値を上げないよう心掛けることが大切でしょう。
どうしても痛風の場合、繰り返してしまう事が多いので特に若い女性は将来の事も考え気をつけなければなりません。

他の病気になることも

痛風は放置しておくと足が痛いというだけではなく内臓にも影響が出ます。
糖尿病や高血圧症など大きな病気になってしまうリスクも上がります。
さらに腎臓にも尿酸値が高いとダメージとなるので最悪腎臓関係の病気になるかもしれないのです。

痛風は男性のおじさんがなると思っているならば間違いです。
女性でもアルコールが好きだったり、ストレスがあるとか尿酸値が高い場合はいつ起こるかわからないと思っても良いでしょう。

痛風には痛風発作というのがあります。
痛風発作はどのような時に起きてどういう風な症状なんでしょうか?
痛風発作は突然起こるとよく言われますが、実は前兆が起こっている事が多いです。

夜寝る前に足がちょっとピリピリしたり、歩いた時に違和感を感じることもあるでしょう。
痛風発作の前兆は大したことがないのでそれ位で病院に行ったりする人が少ない位です。
そのうち、痛風発作が起こり激痛となります。

痛風発作になってしまうと普通にしているのも困難で痛みで仕事どころか歩くこともできないような状態も多いです。
足が腫れていて激痛が走る場合、多くは痛風と考えられるでしょう。

痛風発作


飲んだ後などに痛風発作は起きやすくなりますので、夜中や朝方痛みに耐えられず救急病院に行かれる方も多いのです。

痛風発作は夜中や朝方に起こる事が多いのですがどうしてでしょうか?
夜中や朝方多いのは、人は寝ている間に血圧と体温が下がってしまうからなんです。

尿酸値が高い状態で血圧と体温が下がると結晶ができやすくなります。
結晶ができると痛風発作が起こります。
痛みが起こって2時間から3時間位経つと足の関節などが腫れて熱を持ちます。

対処法

痛風発作が起きた時は、まず対処法として患部を冷やすことが大切です。
炎症を起こし熱が出ていますので保冷材や氷水などで冷やすことが大事でしょう。
ほとんど足ですので寝た状態で足を高くして心臓より高くし冷やして下さい。

痛いのでマッサージする人がいますが炎症がひどくなるので触らないようにしましょう。
また、痛いからと言ってアルコールを飲む人がいますが絶対に止めて下さい。
特にビールは痛風の症状を更に悪化させるので発作が起こっている時飲んではいけないのです。

痛風発作ではそのまま1日は激痛が続くのです。
ほとんどの場合、我慢できない程の痛みなので病院に行かれることが多いでしょう。
痛風発作の場合、病院は内科という人が多く、痛風専門外来があるならそちらに行って下さい。
病院に行くとまずはこの痛風の痛みを抑えるため非ステロイド抗炎症剤などが処方されるでしょう。

入院することも

痛風発作で初めて痛風だと気が疲れる方も多いのですが尿酸値が高い場合はそのまま入院になることもあります。
痛風発作が起こると最低3日位はかなり激しい痛みになることが多いです。

痛み止めや尿酸値を下げる薬を投与されながら痛みが治まるような治療を受けることになります。
軽い場合は、痛みどめなどを処方されて家に帰されることもあるかもしれません。

治療することで10日程経つとウソのように痛風の痛みが無くなる人もいます。
完全に痛みが無くなるので治ったと思う人もいますがまた尿酸値が上がれば何度も痛風発作を繰り返えすのです。

痛風発作を体験した人の中には人生の中で一番痛かったという人もいます。
その割には何度も痛風発作を起こしてしまう人もいるのです。
痛風にまだなっていない人も一度は発作を起こした人も2度とならないよう気をつけた方が良いでしょう。

痛風はその名に痛いという字が入るようにとにかく激痛が襲います。
まだ痛風になったことが無い人はどんな痛みなのか判りませんが特徴をご紹介しましょう。

痛風の痛み


痛風になると風が吹いただけで痛いという位ちょっとの刺激で敏感になると言われています。
人によって徐々に痛風の痛みが出る場合といきなり痛風発作と呼ばれるような症状が起こるのです。

前者の場合、健康診断などで尿酸値が高い事が指摘され、そういえば足の関節が痛いと思い当たる位の事もあります。
後者の場合、ある朝突然寝ていると足をハンマーで思いきり殴られたような激痛が走る痛みに襲われます。

今まで経験したことが無い位の痛みと表現する人もいますが、中には骨折したと言って病院に行く人もいる位です。
できれば、ちょっとした体の変化などを見逃さず早めに痛風治療などを行えば痛みも予防することが可能でしょう。
しかし、なかなか強い痛みが無いと痛風時が付かないケースも多いのです。

痛みの特徴

 

そんな激痛の痛風にも痛みの特徴があるのでポイントを抑えておくと見つけやすいでしょう。
まず、痛風では足の親指の付け根の関節が痛くなる事が多いです。
最初のうちはムズムズするとか、立ちあがった時にちょっと痛い位なので単に足が痛い位ににしか思いません。
しかし、中には結構長い時間足に違和感を感じる人も多いのです。

これが、痛風発作の前兆になることがかなりあるでしょう。
足の関節に違和感があるくらい見つかれば痛風の治療も軽くで済みますので何か痛い時は早めに対処した方が良いでしょう。

他にも足の親指の付け根あたりが変形した靴が履けなくなったり、履こうとしたら痛みが起こることがあります。
どこかにぶつけたなど足が痛い理由に思い当たるような事が無い場合、痛風かもしれません。
シルバー世代の方は老化と勘違いしたり我慢したりすることが多いので悪化しやすい傾向があります。

継続期間

軽い痛風の痛みの場合3日程で痛みが引く場合もありますがそうでない場合は10日以上足が痛いという状態になるでしょう。
痛風の初期症状ではハッキリしない関節のチクチクした痛みや関節の痛みを感じる位です。
ちょっと歩いたり運動したりすると誰でも足や筋肉が痛くなりますが痛風の初期症状もその程度になります。

ただし、痛風を発症するのは男性が98%、肥満の人、アルコールを大量に飲む、激しい運動を行う人は要注意です。
以前は40代以降の人が多かったですが、今は20代でも痛風を発症している男性が増えています。

若いから痛風にならないと思っていると大きな間違いなので気をつけなければなりません。
ちょっと足に違和感があるから始まり気がついた時にはかなり痛風が進行していたという事もあるでしょう。
痛みを我慢するような性格の方は悪化させることが多いので特に気を付けて下さい。

痛風の痛さは体験した人しか判りませんが1度経験した人は2度と味わいたくない痛みでしょう。
まだ痛風で無い方も痛風の予防法を実践して生涯痛風発作が起こらないよう気をつけた方が良いのです。

痛風にまだなったことが無い方でもすでに痛風を経験している方でも予防は重要です。

特に尿酸値が高い方は注意が必要ですがどのような予防法が存在できるのでしょうか?
痛風は、尿の中の尿酸値が高い事によって起こる病気になります。

尿酸値を低く保つ

つまり、尿酸値が低い状態ならば尿酸が結晶化しないので痛風になる事はありません。
でも、健康診断で尿酸値が高かった人とか一度痛風になった人はいつ痛風を起こすのか不安でたまらないでしょう。
そんな人こそ予防法を実践した方が良いのですがまずは自分の生活から振り返ってみてください。
痛風には必ず尿酸値が高くなる原因があります。
例えば、アルコール(ビール)を良く飲むとか肥満気味とか、運動不足とか水分をあまりとらない人もいるでしょう。
このような方は痛風リスクが非常に高いと言って良いのです。

食生活の改善

まず、アルコール(ビール)を良く飲む人は医師からも言われるでしょうが控えた方が良いでしょう。
ビールにはプリン体が多く飲むとすぐに尿酸になってしまいます。

よく、痛風発作が起こるタイミングが飲んだ日の翌日の朝という場合ビールが原因の事もあるのです。
ビールを飲むならばプリン体ゼロの物を選ぶと良いでしょう。

食事の中にもプリン体が多い物があるのでそれらを避けると良いです。
レバー類や肉、魚、肝、白子、エビなど美味しいおつまみになりそうなものにプリン体が多く含まれるものになります。
肉や魚もできるだけプリン体が多い内臓類は避け、ささみなどの部分を食べると良いでしょう。
これらの物をできるだけ避け、野菜や海藻類、大豆や大豆製品などをできるだけ食べると痛風予防になるのです。
また、ヨーグルトや牛乳など乳製品を食べると尿酸値の上昇を抑制すると言われていますので積極的に摂って下さい。
例えばわかめスープや海藻サラダ、ひじき炒め、豆腐などは痛風の方に良い食事になります。

運動をしましょう

痛風予防で重要なのが尿酸値を下げるという事ですが血流が悪いとどうしても尿酸値が上がります。
肥満の方は尿酸値が上がり気味になりますので体重を落とす努力をして下さい。

できれば適度な運動を行うと血流も良くなり尿酸が結晶化しにくくなります。
1日30分以上の運動を1回でも良いので毎日行うと痛風予防になるでしょう。

こまめに水分補給

また、尿酸値が上がる原因には水分不足もよくあることです。

水分が体内で少ないと尿酸値が高い状態になりますので水分を取りましょう。
この時、注意しなければならないのがコーヒーや緑茶などで水分は取らないようにすることです。

コーヒーや緑茶は確かに水分ですがカフェインが入っているのであまりよくありません。
カフェインは利尿作用が大きいのでかえって体内の水分不足になることがあります。
水やウーロン茶などカフェインが入っていないものを1日2リットル位飲んで下さい。

食事や運動、水分などでかなり痛風を予防することができます。
薬だと副作用が心配という方はできるだけ普段の生活で痛風予防を心掛けましょう。

痛風になるとあまりの痛みに病院に行きそのまま痛風の治療という事になることが多いでしょう。

色々な痛風の薬を処方されることがありますがどのような薬があるのかご紹介します。

痛みを取る薬


痛風は人によって激しい痛みが起こる前に尿酸値が高いことで気がつく場合もあるでしょう。
健康診断などで尿酸値が高い事に気が付き痛風の治療を行う事もありますが軽ければ薬ではなく食事療法で良くなるケースもあります。

ですが、多くの場合は痛風発作を起こしてから痛風に気がつくという事が多いです。
その為、まずはこの痛風の痛みを取る薬を最初に処方されることが多いでしょう。

ロキソニンやボルタレンという消炎鎮痛薬(非ステロイド抗炎症剤)で痛みを和らげる治療を行います。

ある程度、このような薬で痛みや腫れが治まった後、本格的な痛風の治療薬が使われることになるのです。

発作を抑制する薬

痛風発作時には、痛風の発作を抑制するコルヒチンという成分が入った薬が使われることもあるでしょう。
他にも発作時には、ナプロキセンやプラノプロフェンという成分の薬が用いられることもあります。
とにかく、痛風の痛みや発作は患者さんの苦痛や負担になるためすぐに服用させる病院もあるのです。

尿酸値に作用する薬

痛風の痛みが落ち着いてきてから尿酸値を抑制したりする薬が処方されます。

痛風は尿の中の尿酸値が高い状態になることで起こる病気ですが、尿酸値のコントロールができるかどうかが治療のポイントになります。
医師によって使う薬は様々ですが、尿酸生成抑制薬を使う事も多いです。
アロプリノールやフェブキソスタット、トピロキソスタットなどの成分が入っている薬が使われることもあるでしょう。
これらの薬は尿酸を抑制し、痛風の症状が起こりにくくするお薬になります。

尿酸降下薬というのも痛風の治療では多く用いられる事があるでしょう。
フェブリクやザイロリックというお薬になりますが、これは尿酸値を下げる薬で一定時間尿酸値が上がる事を防いでくれます。

 

尿の酸性化を改善する薬

酸性尿改善薬というのもあります。
尿が酸性になる事を改善してくれるお薬ですが、成分にはクエン酸カリウム、クエン酸ナトリウムなどが含まれているのです。

尿酸値が改善すれば痛風だけではなく腎臓障害の予防にもなります。
その為、きちんと尿酸値が下がった状態をキープしなければなりません。

副作用の可能性

このような痛風で使用するお薬には大なり小なり副作用が出ることがあります。

医師が患者さんの様子を見て処方してくれますのでまずそんなに心配する事ではありませんがメリットやデメリットがあることも覚えておきましょう。

もしも、痛風の薬を飲み始めてから体調に変化などがあった場合はきちんと医師に相談した方が良いでしょう。

お薬によっては様々な症状が出るものがありますのでどのような副作用があるのか知っておいた方が良いです。
特に尿酸値をコントロールするお薬では注意して下さい。

痛風の治療はきちんと尿酸値をコントロールすることが基本です。
お薬を飲む事も大事ですが食事制限などお薬だけではなく生活全般も見直さないと効果が表れにくくなります。

痛風は凄まじい発作のような痛みから起こることもありますが治療法にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、何科の病院に行ってどんな治療を行って行くのかご紹介しましょう。

お酒を飲んだ日の翌朝激痛で目が覚めるという人も痛風の方には多いようで、あまりの痛さにどこか骨折したのではないかと思うそうです。

痛風は内科


でも、骨折などに思い当たる原因がないならば痛風だと考えた方が良いでしょう。
このような痛みがあって足が腫れているような場合、ほぼ痛風と考えていいですが足が痛いからと整形外科に行くのではなく内科です。

痛風は内科の病院で尿検査などを受ければすぐに判りますので調べてもらって下さい。
内科で尿酸を調べて高いようならば痛風と診断されるでしょう。
痛風と診断されたら次の様な治療を行っていきますので医師の指示に従ってきちんと治療をして下さい。

 

痛風の処置

まず、何より患者さんが一番困っている痛風の激痛をやわらげる処置をされます。
症状によっては痛みどめなどで痛みだけを和らげる治療をしますが、痛風の腫れや痛みどちらもひどい場合は非ステロイドの抗炎症剤などを使います。

とりあえず、痛風の痛みの元である炎症を抑えるのです。
非ステロイド抗炎症剤を使うと早い段階で痛みが減ってきますのでそれから本格的な治療を行っていくでしょう。
痛風の治療では、原因である尿酸値を下げる薬を服用しますが、尿酸値を下げるために尿が出やすくなる薬を飲んだりもします。

どちらかが出る場合もありますし、どちらも処方され尿酸値を下げながら尿を出やすくすることもあるのです。
薬物療法としてはこの2つの治療法を用いることが多くあります。

特に血液検査などで腎臓の機能が低下している場合は、尿の薬が出ることが多いようです。
尿酸値が7以上だと高尿酸値ですから、また痛風の発作が起こらない為にも尿酸値を薬でコントロールすることが重要でしょう。

食事療法

 

痛風では、薬物による治療の他に食事療法などを行う事が多いです。
痛風になる患者さんの90%以上が男性だと言われていますが、原因の一端が暴飲暴食であることが多いでしょう。
とにかく尿酸値を抑えることが痛風では最も重要ですから食事療法は立派な治療の一環と考えてよいのです。
特にアルコール(ビール)が好きで大量に飲まれる方は痛風の場合禁酒になります。

ビールにはプリン体が多く含まれていてプリン体は摂取するとすぐに尿酸になってしまうのです。
また、アルコールだけではなくプリン体が多く含まれる食べものも控えるように言われます。
鶏や牛、豚のレバー、魚卵、魚の干物やアンコウの肝、白子、エビなどはプリン体が多いので痛風の場合食べない方が良いでしょう。

お酒のつまみになりそうなものばかりプリン体が多いので慣れるまでは苦痛ですが痛い思いをするなら我慢する人も多いのです。
食事療法の他にも患者さんの症状によっては治療としてストレス緩和の精神療法が行われることもあります。

 

痛風の治療で重要な事は医師が処方した薬をきちんと飲んで食事療法などを順守することです。
守らなければ痛風発作が出る確率が上がるだけなので自分の為に治療をしっかり行って下さい。

中高年の男性の中には痛風の恐ろしさを聞いたことがある人もいるでしょう。
激痛で知られる痛風ですが原因にはどのようなことが考えられるのでしょうか?

痛風という病

痛風は、尿の尿酸値が様々な原因で上がる事により起こる病気です。
健康に問題が無い人でも尿酸値は一定量ありますが高い数値の場合、高尿酸値ということになります。

尿を調べるとすぐにわかりますが、通常、尿酸値が7以上の場合高尿酸値となり治療が必要になるのです。

痛風の発作が出ているような場合、尿酸値が9以上になっているという事もあるでしょう。
痛風発作が無くても病院に行く機会があったら心配な場合調べてもらっておいた方が良いのです。

尿酸値が高い人の中には、まだ、痛風発作が起こっていないからとあまり気にしない人もいます。
しかし、起こってからは大変ですので起こるような原因を予防することが重要になるのです。

 

痛風の原因

痛風の原因である尿酸値上昇には、遺伝、食生活や生活習慣、ストレスなどが関係していると言われています。
以前は、痛風というと中年男性がなる病気だと思われていましたが最近では若い男性も痛風になることがあるでしょう。

特に痛風の原因としてよくあげられるのがアルコール(特にビール)の飲み過ぎです。
ビールには、プリン体というものがたくさん含まれていて、飲むとすぐに尿酸に変わります。
ビールを毎日のように多く飲む人は痛風になりやすいと言われているのです。

また、ビールを飲むときにおつまみとして焼き鳥やレバー、魚の干物などプリン体が多い物を好んで食べると更に尿酸値が上がります。

痛風の方には、お肉や魚が好きな人が多いと言われますが、それが贅沢病と言われる所以なんです。
おいしいものにはプリン体が多いものが結構あるので、どの食材にどれくらいのプリン体が含まれているのか知っておいた方が良いでしょう。

痛風発作が起こった人の話を聞くと、飲んだ日の翌日とかがかなり多いです。
ビールやつまみを食べている時ではなく、しばらくしてから尿酸値が上がって発作が出てきます。

 

水分摂取が重要

食生活だけではなく夜中や朝方までお酒を飲んだり、ストレスを常日頃から感じる人は尿酸値が上がると言われています。

不規則な生活は食事の時間もそうですし、普段から夜中まで起きているとか、運動不足も入るのです。

これらのことで体の中の血流が悪くなり代謝がどんどん悪くなっていきます。
これに水分をあまり飲まないようならば尿酸はどんどん上がっていくのです。
尿酸が高くなり痛風の症状が出てくるようになるでしょう。
ストレスも血流を悪くすることが判っています。

ストレスを溜めこみ血流が悪くなると尿酸値も高くなるだけではなく頭痛や不眠症など様々な体調不良を起こします。
この体調不良がさらに尿酸値を上げてしまいます。

他にもタバコを吸う人は吸わない人に比べて尿酸値が上がりやすいと言われています。

普段の生活で痛風の原因になるようなことがいくつかあるならば早めに対処しておかなければなりません。

原因を取り除くことで痛風になる確率も下がりますので痛風の原因になるようなことは避けるようにして下さい。

痛風は尿酸が高いと何度も再発を繰り返す病気なので食事が重要になってきます。
痛風の人が気を付けたい食事とはどのようなものでしょうか?

まだ、痛風になったことが無い方は判らないかもしれませんが痛風は激痛を伴います。
その為、二度とあのような痛みが起こらないように食事に気を付けるという人も多いのです。
痛風の治療を続けながら食事の改善を行っていくことが痛風の再発を防ぐことになるでしょう。

基本は水分補給

まず、気を付けたい事は、水分を1日2リットル以上飲むという事です。
痛風の方の中にはビールを飲めば水分補給になるとおっしゃる方もいますがアルコールはいけません。
特にビールは、プリン体が多くすぐに尿酸に変わるという性質があります。

その為、痛風では水はどんどん飲んでくださいと言われますがアルコール(特にビール)は禁止です。
痛風を悪化させますので飲まないで下さい。

痛風になってしまうととにかく尿酸値を上げない事が重要になってきます。
痛風の方は、1日400mg以上のプリン体を取らない方が良いと言われています。
プリン体は尿酸に変わりやすいので気をつけましょう。

治療で病院に行くと食事療法を受けることもありますがその時もプリン体が多い物を食べないよう指導されるでしょう。
プリン体が多いものには肉や魚介類が上げられます。

肉や魚は避けて!

特にレバーなどの肝臓はプリン体が極めて多く痛風の人は食べない方が良いでしょう。
鶏レバーや魚の白子、あんこうの肝、いわしの干物は特にプリン体が多い食品として有名です。
いくらや明太子、数の子などの魚卵もできたら避けた方が良いでしょう。

飲物は、ビールを飲まないようにした方が良いですが、プリン体がゼロのビールもありますのでそれだったら大丈夫です。

贅沢病と言われる痛風ですが、暴飲暴食などを繰り返してきた人に起こりやすいと言われています。
痛風の辛い症状を繰り返さない為に積極的に食べた方が良い食事もありますのでそちらをご紹介しましょう。

痛風は、尿の中の尿酸値が上がる事で起こってしまいます。
ですので、できるだけアルカリ性食品を食事で摂取した方が良いと言われているのです。

野菜と海藻を積極的に!

アルカリ性食品の代表格が海藻でしょう。
わかめやひじき、こんぶなど海藻類を積極的に食べることで酸性になってしまった尿をアルカリ性に引き戻してくれます。
野菜も尿酸値を下げる効果があるので積極的に食べましょう。
海藻と野菜を組み合わせ、海藻サラダなど痛風の人にはおすすめの食べ物になります。

野菜でもイモ類やきのこ、大豆や大豆製品である豆腐などがおすすめです。
洋食ではなく健康的な和食をできるだけ食べるようにするだけでもかなり違うと言われています。
ただし、和食でも魚介類は避けるようにした方が良いです。
積極的に海藻や野菜を食べて尿酸値を減らすよう心掛けましょう。

痛風に良い食べ物をできるだけ食べることで痛風だけではなく体全体の健康にも繋がります。
激痛を伴う痛風を何度も繰り返さない為には食事治療が重要ですので食べられないものと食べれるものを知っておきましょう。